工法紹介ジオファイバー工法

工法紹介TECHNICAL

砂と糸で作るせん断力の強い連続繊維補強土ジオファイバー工法NETIS登録番号:KT-9801863-V

GTフレーム工法

砂と糸だけで、
せん断力の強い土構造物をつくる―
これが「連続繊維補強土」です。

連続繊維補強土を用いたジオファイバー工法は、
モルタル吹付工や吹付法枠工など従来工法と同等の法面保護効果をもちながら、
作業の安全性向上や工期短縮、植生導入のしやすさなど、数多くの優位性を有しています。
また、セメントを使わない土構造物が安全・環境に求められる多彩なメリットを提供します。

GTフレーム工法

シオファイバー工法の信頼性と実績

NETIS登録番号:KT-980183-V

GTフレーム工法

財団法人土木研究センターで、土木系材料技術審査証明を取得しています。
また、社団法人日本建設機械化協会では、連続繊維補強土の機械化施工技術審査証明を取得しています。

GTフレーム工法

施工実績が多く、今後も広く活用されることが期待される民間開発建設技術として、財団法人土木研究センターより設計・施工マニュアルが発行されています。
海外も含め20年以上の豊富な施工実績がCDにまとめられています。

特長

CO2排出削減効果

セメントの製造過程では、多大な二酸化炭素(CO2)を排出します。セメントを使わない連続繊維補強土では、法枠工法に比べ資材の製造過程で排出されるCO2量が1/3以下に激減し、地球温暖化防止に寄与します。同時に樹林で覆われた法面はCO2の吸収固定を図ることができます。

GTフレーム工法
優れた変形抵抗性

能登半島沖地震は震度6強を記録したものの、ジオファイバー工法で施工した法面の変形・崩落などは確認されませんでした。セメントで固定していないため、クラックの発生もありません。変形抵抗性(粘り強さ)が地震に対して効果を発揮します。 応力―ひずみ曲線

GTフレーム工法
優れた緑化・樹林化

セメントを混合した土壌で生育した植物は、セメント未使用の場合に比べて葉・丈が小さくなるほか、黄色みを帯びることがあります。厚い生育基盤が造成可能な連続繊維補強土を用いることで法面の保護と樹林の形成を実現します。

GTフレーム工法
耐凍結・耐凍上性

寒冷地では、凍結・凍上による崩壊被害があります。連続繊維補強土で覆った法面は、地山の凍上抑制を図ることができます。

GTフレーム工法
多様な築造形状に対応

連続繊維補強土は吹付施工であるため、多様な崩壊形態に対応することができます。
部分的に崩壊した箇所についても埋め戻すように築造できるため、周辺環境と調和した緑の法面が完成します。

GTフレーム工法
エコ資源の活用

寒冷地では、凍結・凍上による崩壊被害があります。連続繊維補強土で覆った法面は、地山の凍上抑制を図ることができます。

GTフレーム工法

TECHNICAL工法紹介

GTフレーム工法

セーフティークライマー

高所・急斜面を安全に、スピーディーに掘削整形する「ワイヤー式無人掘削機」
離れたところからリモコンで操作します!

GTフレーム工法

補強土植生のり枠工GTフレーム工法

「人と環境にやさしい」 吹付のり枠工
GTフレーム工法は、環境・景観に配慮した新しい吹付のり枠工です。

GTフレーム工法

ニューレスプ工法

既設コンクリート吹付を取り壊さずに老朽化したのり面を補修・補強します。
取り壊しをしない事で、廃棄物の低減が可能で環境にやさしいです!

GTフレーム工法

SD工法スタンドドライブ工法

仮設足場が不要な鉄筋挿入工の削孔工法です。ワイヤーを使用して削孔機を設置・移動させる事ができ、樹林帯での施工の際も、樹木の伐採を最小限に抑える事が出来ます。環境にやさしい!

GTフレーム工法

ジオファイバー工法

ジオファイバー工法とは、「連続繊維補強土」を用いた、法面安定工法です。
吹付法枠工等の従来工法と同等の法面保護効果を持ちながら、全面緑化が可能な環境にやさしい法面保護工です!

GTフレーム工法

吹付ポーラスコンクリート工法

透水性・通気性を有する多孔質なコンクリートによる法面保護工法です。 緑化工と併用した場合、ポーラスコンクリートの空隙部に根が進入する事で互いに強固に結びつき、植生が長期的に維持されます。 この空隙により植物の草丈が抑制でき、草刈り等の維持費を削減する事ができ、経済にもやさしいです!

GTフレーム工法

植物誘導吹付工

建設発生木材のリサイクルによる法面の緑化工法です。
現場で発生する伐採材を利用した生育基盤材で、自然回復を図る緑化工法です。
耐浸食性に優れており、自然侵入促進工(無播種)による緑化にも適しています。
資源循環型の緑化工法で、環境にやさしいです!

法面保護工事に関する
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0852-22-2555
受付時間

月曜日~金曜日8:30~17:30(年末年始・祝日は除きます。)