工法紹介SD(スタンドドライブ工法)

工法紹介TECHNICAL

無足場施工のパイオニアSD(スタンドドライブ工法)NETIS登録番号:SK-030015-V

GTフレーム工法
GTフレーム工法

SD工法の特徴

  • 足場の設置は一切不要
  • 樹間施工の場合でも伐採不要
  • 市街地施行の交通規制を軽減
  • 粉塵対策で環境にも配慮
  • 施工実績多数
  • 第10回高知エコ産業大賞受賞

SD2号機[65mmまでの単管]

無足場で施工ができるロックボルト削孔機です。独自のワイヤリングで削孔機を移動し削孔するため従来よりもコンパクトなシステムになります。
また、従来工法(仮設足場による削孔)にくらべてコストダウンと工期短縮を実現し、コストダウンに貢献できます。

項目
SD=Ⅱ
機械総重量
100kg
削孔機重量
85kg
全長
2,500mm~3,500mm
駆動装置
エアー圧駆動
操作方法
ベビーホイスト
空圧モーター
削孔機
空圧ドリフター
使用機械
空気圧縮機・発電機
手巻きウインチ
直引き0.75t~
最大削孔長
6.0m
削孔経
45~65mm
削孔摘要
単管削孔

※すべて人力で運べる重量に分割が可能です。
 また、削孔機全長は2,500mm~3,500mmとコンパクトなので様々な現場に対応が可能です。

SD3号機[90mm2重管対応]

コンパクトなシステムなので、どこへでも持ち運びが可能。様々な現場に対応できて非常に汎用性が高い。
また、油圧ユニットは3分割に分解が可能なので人力であらゆる場所へ搬入が行えます。加えてコンパクトな設計なので省スペースに収まり多様な条件下において威力を発揮します。

項目
SD=Ⅲ
機械総重量
250kg
削孔機重量
125kg
全長
2,500mm~3,500mm
駆動装置
油圧駆動
操作方法
油圧フィード
削孔機
油圧ドリル
使用機械
空気圧縮機・発電機
手巻きウインチ
直引き0.75t~
最大削孔長
10.0m
削孔経
65~90mm
削孔摘要
単管・二重管削孔

環境対策ツール

自然を残したまま安全を維持できること。
これは今後、地球環境を守るため、地域の景観を守るために今後の斜面対策工事で最も重要なことだと私たちは考えています。
SD工法は多くの現場で自然樹木を残したまま施工してきました。
今後もより自然環境を残したまま施工できるよう創意工夫を重ねていきます。

特徴

ロックボルト工には必ずといっていいほど粉塵が発生します。
発生した粉塵は風にのり、庭先の洗濯物を汚し、車のフロントガラスを埃だらけにしてしまいます。
SD工法研究会は粉塵を抑制するために、粉塵対策装置(※SDミストポンプ)を開発しました。
この装置を使用することで、発生する粉塵を未使用に比べ大幅に低減することが可能になりました。

※SDミストポンプは登録商標です。 ※SDミストポンプは特許出願中です。

騒音対策

SD工法は騒音対策装置も開発しております。
SD2型削孔機に適用でき、騒音を低減します。

あらゆる現場に対応可能です!

自然を残したまま安全を維持できること。
これは今後、地球環境を守るため、地域の景観を守るために今後の斜面対策工事で最も重要なことだと私たちは考えています。
SD工法は多くの現場で自然樹木を残したまま施工してきました。
今後もより自然環境を残したまま施工できるよう創意工夫を重ねていきます。

優れた緑化・樹林化

樹木が多く茂っている法面でも、仮設足場が不要で機材や装備がコンパクトなSD工法であれば、ほとんど伐採せずに施工することができます。

文化財近接の施工

文化財に近接する法面の場合など、非常に狭い場合でもSD工法は確かな施工が可能です。
また、粉塵対策装置を使用して粉塵の飛散にも配慮しています。

道路沿いでの施工

狭い場所でも作業が可能であるSD工法であれば国道や交通量の多い幹線道路沿いの法面での作業も最小限の交通規制で施工が可能です。

ダム斜面施工

高所での作業や法面下道路の幅員も狭い現場では、クレーン・仮設足場による施工が困難です。しかし、SD工法であれば仮設足場が不要なのでダムなどの現場でも環境に配慮した施工が可能です。

施工現場周辺の環境保全を実現!

民家裏等の法面の間が最も狭いところでも施工が可能です。また、粉塵対策装置を使用して粉塵の飛散を抑制や騒音対策装置で騒音を低減し近隣住民の配慮も万全です。

法枠施工

法枠においても重機を一切使用せず施工が可能です。仮説も最小限で工事が行え環境に優しく、コスト・工程を低減して作業が行えます。

※この絵図は標準機器設置例で現場条件により実際とは異なる場合がございます。

施工手順

TECHNICAL工法紹介

GTフレーム工法

セーフティークライマー

高所・急斜面を安全に、スピーディーに掘削整形する「ワイヤー式無人掘削機」
離れたところからリモコンで操作します!

GTフレーム工法

補強土植生のり枠工GTフレーム工法

「人と環境にやさしい」 吹付のり枠工
GTフレーム工法は、環境・景観に配慮した新しい吹付のり枠工です。

GTフレーム工法

ニューレスプ工法

既設コンクリート吹付を取り壊さずに老朽化したのり面を補修・補強します。
取り壊しをしない事で、廃棄物の低減が可能で環境にやさしいです!

GTフレーム工法

SD工法スタンドドライブ工法

仮設足場が不要な鉄筋挿入工の削孔工法です。ワイヤーを使用して削孔機を設置・移動させる事ができ、樹林帯での施工の際も、樹木の伐採を最小限に抑える事が出来ます。環境にやさしい!

GTフレーム工法

ジオファイバー工法

ジオファイバー工法とは、「連続繊維補強土」を用いた、法面安定工法です。
吹付法枠工等の従来工法と同等の法面保護効果を持ちながら、全面緑化が可能な環境にやさしい法面保護工です!

GTフレーム工法

吹付ポーラスコンクリート工法

透水性・通気性を有する多孔質なコンクリートによる法面保護工法です。 緑化工と併用した場合、ポーラスコンクリートの空隙部に根が進入する事で互いに強固に結びつき、植生が長期的に維持されます。 この空隙により植物の草丈が抑制でき、草刈り等の維持費を削減する事ができ、経済にもやさしいです!

GTフレーム工法

植物誘導吹付工

建設発生木材のリサイクルによる法面の緑化工法です。
現場で発生する伐採材を利用した生育基盤材で、自然回復を図る緑化工法です。
耐浸食性に優れており、自然侵入促進工(無播種)による緑化にも適しています。
資源循環型の緑化工法で、環境にやさしいです!

法面保護工事に関する
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0852-22-2555
受付時間

月曜日~金曜日8:30~17:30(年末年始・祝日は除きます。)